黄昏草日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖蹟桜ヶ丘へ行きたくなりました。

<<   作成日時 : 2005/10/19 02:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

この霜月仲冬、何だか急に
聖蹟桜ヶ丘へ行きたくなってしまいました。

きっかけは、CDラックに入っている
『耳をすませば』のサウンドトラック
何気なく手に取ったこと、でしょうか。

スタジオジブリシリーズの作品は数あれど
『耳をすませば』は、もはや別格と言ってもいいほど大好きです。
他の作品と比べるなど、不毛の極みです(笑)

今まで気付きませんでしたが
そんな『耳すま』が何と今年で10周年を迎えたらしいです。

10年ですよ、10年…。

もう10年経ったのか、と愕然とする仲冬は置いておいて
確か『耳すま』劇中でも

「10年くらいは…」

といった月島のセリフがありましたっけ。

ちなみに仲冬は、劇中のキャラを
杉村風に“名字の呼び捨て”で呼んでます。

名字の呼び捨てで呼ぶのは、学生ならではですよね。

そして今、当時から10年が経ったとあっては

「月島と天沢、いったいどうなったんだろう?」

と、気になってしまいました。

ネタバレになるので詳しくは書きませんけど、そのまま
うまくいってくれているといいな〜と、仲冬は思いますです。


…といった感じで色々と考えていると、無性に
聖蹟桜ヶ丘へ行きたくなるのは自明の理と言えましょう(^^ゞ

暇な休日、気が付けば京王線に乗っているかもしれません(笑)

まずは、最近久しく観ていない『耳すま』DVDを観てみることにします。


【この刹那の一曲:『追憶』 〜『耳をすませば』 サウンドトラックより〜
「耳をすませば」 サウンドトラック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「耳をすませば」の聖蹟桜ヶ丘に行く
今日(7日)寒い中、聖蹟桜ヶ丘に行った。聖蹟桜ヶ丘と言えば1995年公開のスタジオジブリ作品、「耳をすませば」のモデルになった場所。多くのスタジオジブリ作品で、私はこの映画が一番好きだ。                受験を前にした中学3年生の女の子(... ...続きを見る
りゅうちゃんミストラル
2005/12/08 13:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
10年・・・・
そんなに経ったんですか『耳すま』
て、ことはいま彼らは社会人として・・・・
おおぉおおおっ!確かに気になる!!いや、ものすごく気になる!!!
月島と天沢、どうなったんでしょうね〜!!!
二人の行く手にはカントリーロードが続いているのか、
それともコンクリートロードが続いているのか・・・・・

以前、とある文具店で女子高生四人組が『耳すま』の話をしてました。
「っていうかさ〜、君の隣に座ったこともあるって、あれ、ストーカーじゃない?」「そうだよね〜、イヤダいやだ。」・・・・・・
私は、ああ、そういう見方もできるのか、と思いましたが。
彼女たちはその後も次々と台詞や場面を検討し合い・・・って、オイ!
君たちイヤダといいながらかなり詳しいでないかい!
口元が緩んでしまったスナフキンなのでしたw

「飛べない豚は、ただの豚さ」(またまた反則;)
スナフキン
2005/10/21 13:10
>スナフキンさん
こんばんは。そう、あれから10年が経ったんですよ。
当時、中学3年生だった二人も高校を出て、大学を出て…
社会人として生活している頃ですよね(笑
月島&天沢もですが、原田&杉村もかなり気になります。
西 司郎は例の彼女に会えたのかな、とか。

女子高生4人組、なかなか鋭いツッコミですね。
天沢、ストーカー呼ばわりされてしまうんですね…(^^;
私も、さり気なくその会話を聞きたかったです(^^ゞ

『紅の豚』も大好きです♪
「あの野郎、フィオを見て豚に真珠だと言いやがった」
仲冬@黄昏草日記
2005/10/22 03:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
聖蹟桜ヶ丘へ行きたくなりました。 黄昏草日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる