黄昏草日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 池月・磨墨 宇治川先陣争い 名馬像巡り(2017.5.2)

<<   作成日時 : 2017/05/15 20:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
GW中盤の5月2日、霜月仲冬は佐々木高綱の「池月」と梶原景季の「磨墨」の名馬像を巡ってみました。『平家物語』の宇治川先陣争いで活躍した2頭で、その2頭の像が大田区内にあります。

それぞれ

池月:千束八幡神社(洗足池公園)
磨墨:萬福寺(馬込)

にあり、何度か見たことはあるのですが、同じ日にこの2頭の名馬像を巡った事はなく。

アクセスの良さで言えば圧倒的に「池月」像です。洗足池公園を散策すれば千束八幡神社の近くで自然と出会う事ができます。東急池上線の他、東急バスでも行く事ができます。

対して「磨墨」像がある萬福寺へ行く為には東急バス(万福寺前で下車)を使うしかなく。周辺の坂道のアップダウンも激しく、徒歩で訪れる事は考えませんでした。

タクシーを使えばあっという間に2頭とも巡る事ができるでしょうけれど、それは味気ないな、と封印しておきました。お金も勿体無いなと(笑)

もともとこの日は510円の「IC1日乗車券」を買っていたので、東急バスは乗り放題。

東急バスは1回乗り降りで216円(現金は220円)かかる為、3回以上乗ればモトを取る事ができる計算です。

当然、萬福寺や洗足池には東急バスで向かいました。萬福寺から洗足池までの間に東急バスを乗り換えたり、他にも何だかんだと乗り降りして充分モトは取りました。

ここではスマートフォン「arrows M03」で撮影した萬福寺の磨墨像、千束八幡神社の池月像の写メを載せておきます。

この日、洗足池を訪れたのは夕方で、池月像の写メが逆光気味になっています。

萬福寺には磨墨像の他に梶原景時のお墓もあります。以前訪れた時よりもお墓の周囲がスッキリしていました。

          ※

余談ですが、この日使った東急バスの「IC1日乗車券」はスマートフォン「arrows M03」のモバイルSuicaにて購入しました。

東急バスのホームページでは「PASMO・Suica」と書いてあり、モバイルSuicaで使えるかどうかハッキリ書かれておらず、購入時ちょっとドキドキしました(笑)

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像






Listening to ヒトリゴト / ヒトリゴト / ClariS #NowPlaying

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
池月・磨墨 宇治川先陣争い 名馬像巡り(2017.5.2) 黄昏草日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる